そこが気になる!レイクの返済のあれこれ

カードローンを利用して借りたお金は、契約にしたがって決められた期日を守って返していくのが大原則です。レイクの場合、借りたお金の返済方法には銀行振込、ATMによる方法、口座振替、Web返済の4つの方法があり、都合に応じて方法を使い分けることが可能です。

 

銀行振込はレイクが指定する金融機関の口座に振り込んでお金を返す方法で、最寄りの銀行が営業していればローンカードを持参していなくても手続きが可能な点がメリットです。ATMによる方法は、自社のATMやレイクが提携している金融機関のATMを利用するというもので、最寄りのコンビニエンスストアに設置されているATMであれば24時間いつでも手続きができ、なおかつ入金手数料が無料になるのが大きなメリットです。口座振替は、契約時に登録した口座を使って指定日に自動引き落としする方法で、銀行やATMに行かずに済む点や、きちんと入金していればお金の返し忘れが無い点、手数料が無料な点が利点です。Web返済は金融機関でインターネットバンキングのサービスを利用している人が、パソコンやスマートフォンの画面を操作してお金を返す方法で、レイクが提携を結んでいる銀行に専用口座を開設している人であれば非常に便利な方法です。

 

レイクのカードローンで借り入れたお金の返済方法は、原則として残高スライドリボルビング方式が適用され、郵送で契約の申し込みをした人の中で希望した人のみに元利定額リボルビング方式を適用する仕組みになっています。

 

残高スライドリボルビング方式は、返済日の時点における借入残高に応じて最低限返さなければならない金額が決まる方式で、利用者は毎月この最低額以上を入金し続けていれば滞納とはみなされません。返していけばいくほど入金しなければならない金額が少なくなるため、一見すると便利な方法に見えますが、この方法では利用者から入金されたお金は利息に対する支払いあてられ、残ったお金が元金に対する支払いにあてられます。元金をはやく減らすためには、最低額より多くお金を入金し続けていく必要があります。

 

一方、元利定額リボルビング方式は、借入残高に関係なく、毎月一定額ずつ返していく方法です。毎月入金しなければならない金額は、契約時に利用者の能力に応じて決定されます。残高で入金額が増減しないため、管理がしやすい点がメリットですが、結果として返す金額の総額が多くなることが多い点がデメリットです。