そこが気になる!レイクの遅延損害金のあれこれ

レイクは銀行系のカードローンということもあり、安心感がありますし、銀行の豊富な資金力を背景に、低金利を実現している魅力的な借入先です。もともとが消費者金融であったところ、のちに株式会社新生銀行のカードローン部門になったという経緯もあり、銀行系のローンの中でも融資までの手続きがスピーディーですし、無人契約機が多く、オンラインでの手続きもできるなど、利用者の利便性も充実しています。

 

レイクでは、金利は借入額等に応じて年4.5〜18%に設定されていますが、それとは別に遅延損害金というものが存在します。これは、返済が遅れた時に支払わなければならないものであり、毎月きちんと返済を続けている限りは関わることがありません。法律では、この損害金の上限利率は年20%となっており、レイクでもその利率を採用してます。これが普段の支払いにさらに加わってきますので、数か月滞納してしまうとかなりの負担になってしまい、返済が現実的ではなくなってきます。

 

カードローンの場合、基本的には利用限度額の範囲内で、自由に借り入れや返済をすることができます。しかし、最低月に一度は決められた日に一定額の返済をしなければならず、それを怠った時に損害金が発生する仕組みになっています。損害金が課せられるのは、滞納した日からその月の分の支払いをした日までの期間となっていますが、返済がずるずると遅れてしまうと返さなければならない金額も膨らんでいきますので、到底支払えなくなってしまいます。

 

なお、損害金というのはこちらに限らず、どこの銀行系や消費者金融系でも設定しています。業者によっては、事前に遅れが生じることを連絡しておくと、数日程度は損害金をつけずに済ませてくれるようなところもありますが、基本的には遅れが生じた日から加算されますので気をつけましょう。多くの人が銀行の預金口座からの引き落としにしていますが、預金の残高が不足していると、気が付かないうちに損害金が発生している可能性もあります。毎月返済時期になると、きちんと預金残高をチェックしておきましょう。

 

なお、レイクでは無人契約機や提携しているatmもありますので、遅れに気が付いたときでもすぐに返済をすることができて便利です。マイページにログインすることで、現在の借り入れ状況や支払い方法の変更などの手続きもすることができますので、返済が難しそうだと思ったら早めにやりくりをしましょう。