そこが気になる!レイクの金利のあれこれ

株式会社新生銀行カードローンであるレイクの公式ホームページによりますと、お金を借りる際の金利は、実質年率で4.5%から18.0%までとなっています。つまり年率の下限は4.5%であり上限は18.0%だということです。しかし、ここで重要なことは、年率が具体的に何%になるのかは消費者が自分で自由に決められるわけではないということです。実質年率が何%になるのかは、あくまでも審査の結果によって決まるものなのです。

 

その審査で特に重要な要素となるものが、借り入れ金額(融資額)です。なぜなら実質年率とは、借り入れ金額と反比例する傾向があるからです。ちなみにレイクの融資額は1万円から500万円となっていますが、1万円借りる際の年率は18.0%になるであろうとこは間違いないと考えられます。そして逆に500万円借りる場合の年率は、4.5%になるであろうことも間違いないでしょう。

 

お金を借りる消費者の立場で考えれば、確かに金利は低いほどお得な借り入れができますので嬉しくなります。しかし実際に何%で貸してもらえるのかは、申し込み手続きをした時の融資希望金額、その後の審査の結果、それに借り入れ後の利用残高などで決まるものなのです。そのことはホームページの貸付条件にも書かれていて、それによりますと、「実質年率は契約額および利用残高に応じて異なる」ということです。

 

ちなみにレイクの返済方法は残高スライドリボルビング方式や元利定額リボルビング方式になりますが、いずれにしても金利によって利息の支払い義務が発生しますので、できるだけ低い利率で借りたほうがお得になることは間違いありません。

 

それから利息の支払い負担を出来るだけ小さくしたいと願う場合は、実質年率だけに気を奪われていてはいけません。確かに利率が低いほど利息も小さくなってくれますが、低い利率だけを心掛けても片手落ちだと言わざるを得ません。というのも利息の支払い負担とは、返済期間や返済回数と密接な関係があるからです。

 

たとえば30万円を18%の実質年率で借りたとしても、翌日一括返済ならば利息は1日分であり、約147円程度で済みます。しかし翌月一括返済ならば利息は30日分支払わなければなりませんので、約4438円にもなってしまうのです。ですからレイクでお金を借りる際、出来るだけ利息の負担を減らしたいなら、実質年率だけではなくて借り入れ日数を減らすことも真剣に考えておきましょう。とにかくお金を借りたら一日も早く返すこと、これが賢い借り方なのです。