レイクはWEBからの申し込みでも当日融資が可能!

レイクWEB申込

いざ、キャッシングをしようと思い立った時に、「やっぱりやめよう…」と踏みとどまる理由は人それぞれだと思いますが、中でも店舗に出向くというのはかなりのハードルの高いところです。いくらお金を借りたいからといって、雑居ビルの中にあるカードローン会社に出向いたり(ちょっと怖〜いですものね)、銀行のATMの横にある「無人機」のようなブースには入りたくないものですです(人の目も気になりますしね)。

あなたが女性だったらなおさらです。

 

でも、ここ数年のネット社会の発達によって、この問題は飛躍的に解決されました。それがインターネットを使ったWEB申し込みです。しかも現在はさらに進化し、スマホからのキャッシングの申し込みも可能になったのです! これは、ほんの10年前では考えられなかったことです。

 

最近ではひと昔前の“ナニワ金融道的”なイメージは払拭され、法律も含め、使い方を間違えない限り、我々消費者にとってとても便利なものになりました。現在、各社WEBからの申し込みや審査は当たり前。全国、様々な場所のATMからの引き出しが可能になり、即日融資やあなたの口座への銀行振込、無利息キャンペーンなどサービスも充実しています。

 

というわけで、今回はこうしたカードローンの中でも特に人気の高い『レイク』を例に、インターネットを使った融資の申し込みが、実際にどんな手順を踏んでいくのかシミュレートしていくことにします。

 

≫≫≫レイク申込はこちらから

レイクなら借入れ可能かどうか申込前に速攻診断!

レイクWEB申込

そもそもレイクでは、申し込み方法の種類として、インターネット、自動契約機、郵送、電話から選ぶことができます。しかも、インターネットからの申し込みの場合、実際の借入までの流れがスムーズで、平日14時までに申し込み、必要書類の確認が終われば、即日振込も対応しています。

 

当然ながら誰でも融資が可能というわけではなく、そこには審査があるのですが、この審査基準はどうやら以下の要素が重要視されるようです。

 

@安定した収入があるのか?
A他社からの借り入れはどれくらいあるのか?
B社会的信用があるのか?

 

@は当たり前の話で、借りたお金を返すための方法がない人はダメだということ。高収入である必要はありませんが、安定した収入であることが重要。逆を言えば、安定した収入さえあれば、主婦でも学生でも融資が可能ということです。

 

Aについては、他社からの借り入れがあまりにも大きい場合、借り入れを断られたり、希望した金額より低い金額の融資になることもあるようです。

 

Bはどういうことかといえば、たとえちゃんとした企業に属していたとしても、その会社に何年勤続しているかということも重要だということです。もし、あなたがまだ入社して1カ月しか経っていないとか、その前に会社をいくつも転々と渡り歩いていたりすると、融資を受けられない可能性が出てきます。

 

ですが、これらはどれも当たり前の話ばかりで、レイクの審査はそれほど厳しいということではないようです。

 

それでもまだ、「オレ大丈夫かな〜」なんて不安になっている人もいるかもしれません。そんな人に朗報です。レイクには『お借入れ診断』が用意されており、借入れ可能か事前に診断することができます。

 

これは何かと言えば、あなたがお借入れ可能かどうかを、簡単な4つの質問に答えるだけで診断できるというスグレモノなんです!
質問項目は、生年月日・本人年収・他社からの借入れ件数・他社からの借入れ金額のみ。20歳未満と71歳以上の人は診断対象外ですが、それ以外の人はOK。

 

レイクWEB申込

これは私の実体験なんですが、以前キャッシングの申し込みをHP上からした時のことを思わず思い出しました…。この時まだ小さい画面のiPhoneだったから、結構記入フォームで手間取って。で、やっとのことで記入フォームを完了して、しかも身分証明書を写真で撮影して送って、あとは返事待ちって状態の時のことです。

 

帰ってきた答えは、「今回はご期待にそえませんでした」のメールの一文。これ、結構ショックなんですよね…苦笑。なんか全人格を否定されているみたいで、しばらく立ち直れませんでした。

 

でもそんな思いも、この『お借り入れ診断』があればストレスフリー。質問項目は4つだけだし、煩わしいことも何もないし、何よりもプライドも傷つけられないという。これは試さない手はないですよね。こんなところも『レイク』が人気のある理由なのかもしれません。

 

≫≫≫レイク申込はこちらから

 

レイクの申込から契約までの具体的な流れとは?

さて、晴れて『お借り入れ診断』の返事も融資可能と出た場合、本申込みに移ります。

 

レイクWEB申込

STEP1:記入フォームに必要事項を入力していく

 

ここからは、HP画面上に沿って記入フォームに必要な内容を打ち込んでいきます。
申込み後、すぐに審査結果を伝えるメールが届きますので確認します。
ただし、年末年始を除く通常時の8:10〜21:50と、毎月第3日曜日の8:10〜19:00の時間帯での申込みの場合は、残念ながら審査結果は翌営業日になってしまうので、注意が必要です。

 

レイクWEB申込

STEP2:審査結果が出たら、必要書類をメール

 

続いて、審査結果のメールを確認します。
内容に問題がないようなら契約手続きに進み、振込先情報などの入力をします。
そして、本人確認書類をメールに添付して提出します。
この本人確認書類とは、免許証やパスポート、保険証など身分を証明できる書類のことで、これを送らなければなりません。

 

ここで一つ注意が必要!送ろうとしている本人確認書類に、現在の住所が明記されているかどうかということ。免許証の住所変更がされていなかったり、保険証に住所が記入されていなかったり。案外こうしたことを忘れている人が多いようなので、今一度確認が必要です。

 

レイクWEB申込

STEP3:指定口座への振込

 

あなたが指定した口座に振り込みがされます。
本人確認書類の確認が完了すると、指定した金融機関の口座へ振込みが行われます。
前出のように、平日14時までの申込み・必要書類確認の場合、即日の振込も可能です。

 

どうです?カンタンですよね。
ここまでのプロセスでは、誰一人とも会っていません。まだ二の足を踏んでいる人。ぜひ、前向きに検討してみたらいかがでしょう。

 

≫≫≫レイク申込はこちらから

なぜレイク申込がオススメなのか?その理由を徹底解説!

さて、数多いカードローン会社の中から、なぜレイクを選択する人が多いのか、メジャーな5社との比較をしてみたいと思います。
それぞれのカードローンが打ち出しているキーワードで気になるのは以下の3つ。

 

@初めての利用での無利息期間サービス
A審査から融資までの時間が短いこと
B返済と借り入れがいかにスムーズであるかということ

 

このあたりをポイントに、まずは各社のサービス内容を見ていくことにしましょう。

 

株式会社新生銀行カードローン レイク

株式会社新生銀行カードローン レイクは、その名のとおり株式会社新生銀行を母体としたカードローン。かつて消費者金融であったレイクが、2011年に経営基盤をすべて株式会社新生銀行に譲渡し、消費者金融から銀行カードローンへ。
利用条件は、満20歳以上70歳以下。
安定した収入があれば、パートやアルバイト、自営業、学生、年金生活者、外国人(永住権を持つ人)でも申込みが可能。

 

金利:4.5%〜18.0%(実質年率)
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:申込み完了画面に表示。最短即日融資!

 

[レイクのここがポイント!]
・2つの無利息期間サービスから選べる。
・最短即日融資、最短即日振込可能。
・PC、スマホでの申し込みで来店不要。
インターネット上で申し込み⇒借り入れ⇒返済が完結。
・セブン銀行など提携ATMの利用で手数料無料。
・アルバイトやパート、主婦でも安定収入があれば利用可能。

 

プロミス

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

三井住友フィナンシャルグループの子会社、SMBCコンシューマーファイナンスが営業するプロミス。三井住友銀行のローン契約機を使えるメリットなどがある。
プロミスの利用条件は、20〜69歳、安定した収入があること。
職業や年収などの制限はない。

 

金利:4.5〜17.8%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資

 

[プロミスのここがポイント!]
・初回、契約日から30日間無利息。
・審査時間最短30分、最短1時間融資。
・インターネット上で申し込みから返済が完結。
・三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座で最短10秒振り込み可能。

 

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

アコム

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

大手消費者金融として、1978年から営業しているアコム。2008年に三菱UFJフィナンシャル・グループの子会社に。
カードローンの申し込み資格は、20歳以上で安定した収入があること。派遣社員やアルバイトも申し込み可能。

 

金利:4.7〜18.0%
限度額:1万円〜500万円
融資までの期間:最短30分審査。最短1時間融資。

 

[アコムのここがポイント!]
・初回利用時、契約日から最大30日間金利がゼロ。
・店頭や無人機など最短1時間で融資。
・インターネット上で申し込みや借り入れ、返済が完結。
・楽天銀行で24時間振込み融資可能。
・派遣社員やアルバイトも申し込み可能。

 

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

モビット

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

モビットは、三井住友銀行グループの傘下にある消費者金融。
借り入れ資格は、20歳以上69歳以下で安定収入があること。パート・アルバイト、派遣社員、自営業でもOKだが、収入のない専業主婦や年金生活者の申込みは受け付けていない。

 

金利:3.0〜18.0%
限度額:1万円〜800万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

[モビットのここがポイント!]
・ホームページやローン申し込み機からで、10秒で簡易審査結果を表示。
・本審査は最短30分。即日融資可能。
・インターネット完結の申し込み。来店不要、電話や郵便物なし。
・パート、アルバイトも申し込み可能。

 

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

アイフル

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

独立系消費者金融として長年、営業を続けているアイフル。貸金業法改正以降、2009年に事業再生ADRを申請した後、グループ再編などを経て現在も独立系のまま営業している。
利用条件は、20歳以上70歳未満で定期収入があること。パート・アルバイト、学生も申し込み可能。自身に収入のない専業主婦は対象外。

 

金利:4.5〜18.0%
限度額:500万円
融資までの期間:最短30分審査。即日融資。

 

[アイフルのここがポイント!]
・初回30日間無利息。
・ホームページか電話の申し込みで、来店不要。即日融資可能。
・アイフルを利用したことのある人が対象の低金利プラン「おまとめMAX」アリ。
・女性専用ダイヤルで、希望額50万まで最短30分で審査結果がわかる。

 

レイク,審査,早い,カードローン,新生銀行,当日振込

 

 

各社を比較する中で、よりレイクの個性が見えてきます。銀行カードローンにしては、金利が4.5%から18.0%と高めであり、消費者金融とあまり変わらないという印象を受けるかもしれません。しかし、利用の仕方次第ではメリットの大きいカードローンとなっています。
特に以下の3つのポイントは、利用者にとって大きなメリットといえるのではないでしょうか。

 

◆レイクのメリットその1

「選べる2つの無利息期間サービスで、返済の負担が軽減される」
レイクをはじめて利用する場合には、選べる2つの無利息期間のサービスがあります。
それが、「30日間無利息」と「180日間5万円分無利息」。

 

「30日間の無利息」を適用すれば、例えば、50万円の借り入れ(金利18%、64回払い)を利用の際に、最初の30日の利息が軽減され、無利息期間なしと比べて、1万8000円以上の利息が浮くことになります。
これが「180日間5万円分無利息」の場合、5万円までの借り入れで、最初の180日の利息がかかりません。
どちらのプランを選ぶかはあなた次第です。
※この2つの無利息プランは、いずれも初回のみのサービス。

 

 

 

レイクの大きな特徴として、「30日間無利息」と「180日間5万円まで無利息」という2つのサービスからどちらか1つを選べるということがあげられます。このサービスがあるため、新規契約の人にとっては金利14%の他行のカードローンで借りるよりもメリットが出る場合があります。10万円を借りて翌月に返済してしまい、その後は利用する予定がないという人などにはおすすめできます。


 

 

◆レイクのメリットその2

「スムーズかつ豊富な手続き方法で、ライフスタイルに合った利用が可能」
返済と借り入れがスムーズに行えることもレイクのカードローンの強みです。
スマホ・アプリ・携帯電話を使って、HP上での申し込みや返済と借り入れができ、24時間申し込みが可能。
インターネット上で申し込み⇒借り入れ⇒返済まですべてを完結することもできます。
また、レイクATMやセブン銀行での利用手数料は0円で便利です。

 

 

 

レイクのもう1つの大きな特徴が、コンビニATM手数料が時間外も含めて無料ということです。カードローンで大きなお金を借りる人はあまりいませんから、借入と返済で手数料がかからないということは大きなポイントになります。例えば、1万円を一ヶ月だけ借りた場合ですと、金利14%でも金利18%でも利息の差はほとんどありません。しかし、借入時と返済時に手数料が108円ずつかかってきたのでは、合計で216円がかかります。このようなケースでは、利息よりも手数料の負担のほうが大きくなっています。

 

レイクでは金利が4.5%から18.0%となっているので、一見すると他行のカードローンよりも劣っているかのように思えますが、ATM利用手数料がかかる他行のカードローンよりもメリットが大きいケースもあります。給料日前に数万円だけを借りて、給料が出たらすぐに返済をしてしまうといったようなケースでは、ATM手数料が無料というポイントは大きなメリットとなるでしょう。


 

 

◆レイクのメリットその3

「スピード審査、即日融資OK」
審査から融資までの時間が短いこともレイクの特徴です。
レイクはカードローン業界でもトップクラスの「最短即日融資」が魅力で、先ほど記したように、実際にキャッシング融資を受けるための申し込みをする前に、インターネットなどで簡単な「仮審査」をすることで、融資の可能性を確認できます。

 

基本的には、カードローンは高額なお金を借りるのには向いていませんが、信用を上げて限度額を増額していけば、高額融資もできるようになっていきます。最終的には、限度額500万円、金利4.5%という好条件のローンが利用できるようになります。レイクは銀行カードローンなので、総量規制はかかりません。公務員や大企業の正社員など、属性の良い人なら年収の半分くらいの限度額まで上げられることもあります。将来的に高額なお金を借りることも考えているなら、限度額を増額していくようにするとよいかもしれません。

 

これ以外にも、株式会社新生銀行が運営しているので安心、女性専用のフリーダイヤル「レディースレイク」もあるなど、レイクにはメンタルの部分でも優位性が認められます。

 

特にとにかく借り入れを急いでいる人、カンタン&スムーズに利用したい人、カードローンが初めてで安心かつ安全に利用したい人にうってつけのカードローンが、『株式会社新生銀行カードローン レイク』と言えるのではないでしょうか。

 

≫≫≫レイク申込はこちらから

レイクの申込と審査

レイク,24時間対応,WEB,申込,ネット,オススメ

レイクは株式会社新生銀行のカードローンの名前です。以前は独立した消費者金融でしたので、そのイメージが強い人も多いかもしれませんが、現在はカードローンの名称であり、融資をするのはあくまでも株式会社新生銀行です。銀行が消費者金融に比べてしっかりと審査することはよく知られており、レイクも例外ではありません。適当なことを書いて書類を提出すれば融資してもらえる、などということはありませんので、肝に銘じておきましょう。融資をしてもらえるなら、即日振り込みも可能で大変使い勝手の良いカードローンです。審査で躓かないように注意して、便利に利用しましょう。

 

まずは申し込み条件を満たしていなければなりません。申し込みができるのは、20歳以上70歳以下、国内在住、安定収入の3つです。安定収入は特に年収いくら以上、などとは書かれていません。収入の多少よりも、安定しているかどうかを重視していることが分かります。年金も安定収入とみなされますが、収入が年収のみ、という人はそれなりに高齢であり、たとえ70歳以下であっても通りにくいことは確かです。基本的には働いて収入を得ている人が対象と考えて良いでしょう。

 

ただ、パートやアルバイトなどで収入が少なくても、申し込みは可能です。収入が少なければ借入限度額も少なくなりますが、正社員ではないという理由だけで直ちに断られることはありません。収入に見合った借入をし、計画的に返済ができるのであれば、正社員でなくても堂々と申し込みをすれば良いでしょう。雇用形態よりもむしろ勤続年数のほうが重視されます。いくら正社員でも、まだ入社して3ヶ月の人よりは、アルバイトでも同じ勤務先に5年働いている人のほうが信用度が高いことは容易に想像できます。

 

レイクに限らず、審査基準は公にはされていませんので、仮に断られても理由を知ることはできません。しかし、個人向け融資を行っている金融機関が調査する内容は大体同じですので、想像することはできます。しっかり審査のレイクでは、申し込み書類と本人確認書類の突合せも念入りに行います。仮に相違があれば、それが故意でなくても大変心証が悪くなります。故意であればすぐに嘘を吐く人と判断され、故意でなければ自分のことさえ分からないいい加減な人とみなされます。申し込みの時点から慎重に記入することが大切です。
過去に延滞や債務整理の経験がある人は、融資が難しくなります。信用情報から履歴が抹消されるまで待つしかないでしょう。

レイクWEB申込ワンポイントコラム【審査と金利】

レイクWEB申込

レイクを利用する為には、WEB申し込みをした後に審査を受ける必要があります。この場合は、他の金融機関を利用して融資を受ける時と同様なので、レイクだけが特別行っているという事ではありません。基本的にどのような融資を利用する場合であったとしても、その人に融資しても良いかと言う事を金融機関が調べる必要がある為、この工程をナシにする事はあまりできません。正しく融資をするという点から考えると、実際には必要不可欠だと言っても良いでしょう。

 

レイク審査に関して、その基準は公表されているわけではありませんが、基本的にその人の年齢・性別・仕事・他社借入件数等を調べる事になります。勿論出来るだけ条件が良い方が融資を受ける事が出来る可能性は高くなります。ただ注意したいのはここで嘘の申告をしないという事です。例えば、仕事の内容によってはその年齢の平均よりも収入が少ないという事は決して珍しくありません。

 

人によっては収入が多い方が融資を受ける事が出来る、受けやすい、審査に通りやすいと思っているかもしれませんが、実際にはそうではありません。確かに収入が多い方が好条件と考える事もできますが、実際には安定した収入があるかどうかの方が重要なポイントになるからです。また、レイクを利用する時には担保や保証人を必要としない信用貸しとなる為、嘘の申告をする人と言うのは金融機関から信用できない人だと判断されてしまいます。その為、いくら他の条件が良かったとしても融資不可と判断されてしまうので、必ず本当の事を伝える様にしましょう。

 

金利に関してはレイクの場合は他の金融機関と比べてもそれ程高いわけでもなければ安いわけでもありません。一般的な数字になっていると言えます。ただ適用される金利は利用実績を上げて行く事によって徐々に下げて行く事は可能です。出来るだけお得にレイクでお金を借りたいと思っているのであれば、利用したらしっかりと返済するという事を続けて、金融機関側から優良顧客だと判断してもらう事が重要となります。

 

そうすれば比較的スムーズに限度額アップの申請を行う事が出来る様になる為、適用される金利を下げる事も可能です。勿論自己申告で増額の申し出をする事もできますが、その場合のレイク審査は新規借り入れの時に比べると比較的条件が厳しくなってしまうので、現時点で融資を受けているとしても必ずしも限度額がアップしてもらう事が出来るとは限らないという事を知っておくべきです。

 

≫≫≫レイク申込はこちらから

レイク24時間対応WEB申込が便利です

レイクWEB申込

レイクでは来店一切不要でお金を借りることができます。今の時代はインターネットが当たり前に使われるようになり、自動契約機までにわざわざ足を運ぶのは面倒、他人に見られるのが嫌だという声も多く、インターネットから気軽に申し込み(WEB申込)から契約までできるようになっています。

 

来店不要の方法としてはパソコンやスマホからインターネットで申し込む方法(WEB申込)、携帯電話から電話で申し込む方法、書類を取り寄せて郵送で申し込む方法がありますが、多くの方がインターネットから申し込みをされます。レイクではまで本審査の前に仮審査があり、インターネットからだと借入診断も可能となっていますので、そこから借りられるかどうかまずは確認すれば良いでしょう。

 

レイクの借り入れの申し込み方法(WEB申込)は簡単なものになりまして、インターネットからの場合は入力フォームに正確な情報をしっかりと入力して送信するだけで良いのです。

 

その結果仮審査が行われ、本審査にうつり、本人確認書類や収入証明書や在籍確認となります。本人確認書類の提出もスマホアプリを使って送信したり、デジカメで写真を撮り画像をメールで送信したりすることも可能となっていますのでわざわざ郵送したり、来店したりする必要がないのです。在籍確認も電話での確認になりますので何も心配する必要はありません。

 

来店不要時の本人確認書類提出の注意点ですが、文字がぼやけたり、フレームからはみ出したり、サイズが小さかったり、縦で撮影してしまったりする失敗例がありますので気をつける必要があり、失敗してしまうと再提出を求められるので審査に時間が掛かってしまいます。また審査や契約には受付時間がありますので、それらの時間を超えて申し込むと即日融資はできなくなりますので時間にも気をつけておきましょう。

 

これらか終わり無事に審査を通りますとお金を借りることが可能となり、指定した口座に振り込みをするという形で借り入れができますので、来店を一切する必要がなくお金を借りることができるでしょう。もしカードが必要な場合でも後日にカードや契約書を届けてくれますので安心してください。

 

このようにレイクではインターネットから気軽に利用することが可能となっており、来店することなくお金を借りれます。もちろん自動契約機でその場で契約を行い即日融資も可能ですし、郵送で行うこともできますので自分が一番やりやすい方法でレイクに借り入れの申し込みを行うと良いでしょう。

 

≫≫≫レイク申込はこちらから

即日でお金借りるならレイク申込がオススメの理由

レイクWEB申込

即日でお金借りるなら、レイクが便利です。特におすすめする理由は、申し込みが簡単なところでしょう。

 

レイクの申し込みは、店舗や無人契約機まで行く必要はありません。身分証明書や契約書を郵送する手間も、一切ありません。来店不要や郵送の手間を省ける理由は、Web完結の申し込みがあるからです。

 

店舗を訪れたり契約書を郵送する手間があると、即日でお金借りるのが難しくなります。急いでいるときには、この手間や時間がネックになるでしょう。Web完結の申し込みなら、パソコンやスマホを使い手続きができます。

 

公式サイトから専用ページにアクセスして手続きをすれば、あとは審査結果が出るのを待つだけです。審査結果が問題なければ、次は身分証明書を送らなければいけません。Web完結の申し込みでなければ、ここで書類を郵送したりする手間が挟まります。しかし、全ての手続きがWebで終わるので、郵送する必要はありません。

 

運転免許証をスマホなどのカメラで撮影し送信すれば、身分証明書の確認は終わります。確認がとれれば口座にお金が振り込まれるので、短時間でお金借りることができるのです。

 

審査スピードももちろん速いですが、Web完結こそ即日でお金を借りたいときにおすすめする理由です。即日でお金借りるときに、レイクをおすすめする理由はあります。指定された銀行の口座を開設しなくて良いのも、おすすめする理由です。

 

カードローンでは、指定された銀行以外の口座には振り込めないことも少なくありません。特に銀行が提供するカードローンの場合、その銀行以外の口座には振り込めないのが当たり前です。振込に使える銀行口座が指定されていると、持っていない場合新たに開設しなければいけません。銀行口座の開設には数日かかるので、申し込みをしたその日のうちにお金を借りられなくなります。しかし、レイクの振込で使える口座は、特に指定されていません。

 

現在使っている口座が使えるので、開設の手間が省けてスピードアップできます。店舗に行ける場合はもちろん、店舗に直接行けない場合も素早くお金借りることができます。即日融資でおすすめするレイクですが、ただし注意点もあります。注意点とは、本人確認書類を提出する期限です。

 

平日の14時までに本人確認書類を提出しなければ、その日のうちにお金を借りることはできません。期限を過ぎてしまうと翌日以降になってしまうので、急いで手続きをしましょう。

即日融資可能なレイクのキャッシングカードの申し込み手順

銀行のカードローンサービスであるレイクは、即日融資が可能な個人向けの融資サービスであり、キャッシングカードを所有する事で限度額までであれば、何度でも融資を受ける事が出来るようになります。

 

レイクのキャッシングカードの申し込み方法としては、ATMや窓口や郵送で申し込む方法が用意されている他に、インターネットを使った申し込み方法もありますので、様々な申し込み方が出来ます。

 

申し込みには、本人確認書類として運転免許証や健康保険証が有効であり、これと併せて申込書を提出します。仮審査を受ける事が出来ますが、肝心なのは本審査を通過する事ですので、短時間で審査結果を知りたいのであれば、仮審査を受けずに本審査を受けるのが一番早い方法です。
融資を受ける額が何十万円、100万円など大金であれば、収入を証明する為の書類の提出が求められます。収入を証明する書類として有効な物としては、源泉徴収票や納税通知書などがあります。

 

即日融資を受ける為には、申し込みを出来るだけ早い時間帯に行う事が必要です。レイクは24時間受付をしていますが、営業時間は8時から21時ですので、即日に審査結果を求めるのであれば、この時間帯に行う必要があります。営業時間外に申し込んだ場合には、翌営業日に扱われる事になります。

 

本審査では、信用機関への問い合わせによるクレジット歴の状況確認や確認電話によって申込書に記載された勤務先などに所属しているのかといった事の確認が行われます。この作業によって、融資を行なっても返済が確実に行われるのかどうかが判断されます。審査を総合的に行なって融資をしても問題が無いと判断された場合には、メールなどで審査結果が通知されます。その後に正式に契約をする事によって、融資サービスを利用出来るようになります。

 

融資サービスは、審査の時に決定した限度額まで融資を受ける事ができ、返済をする時には提携ATMを使って返済を行う事になります。利息が掛かっていますので、返済の時には元金に利息を加えた額を返済していきますが、一定額を毎月返済する分割返済と一括で返済をする一括返済を選ぶ事が出来ます。分割返済では、残高リボルビング方式が採用されており、この返済を選ぶ事で無理をせずに毎月返済をしていく事が可能です。

 

一方で、長期間の返済になってしまったり、返済総額が一括返済よりも大幅に高くなってしまうと言ったデメリットもあります。